整骨院(接骨院)とは? 柔道整復師が骨折・脱臼・打撲・捻挫を施術するところです。

保険証を使うことができます! 病院と同じように、保険証をつかって治療を受けることができます。
詳しくは、かかりつけの整骨院(接骨院)までお問い合わせ下さい。

 

 

 

脱臼というのは、身体の関節がはずれてしまうこと。
柔道やラグビーなど、はげしくぶつかりあうスポーツにはつきもののケガで、 顎・肩・ひじ・指などによくおこります。

 

●脱臼について
関節を構成している関節端が解剖学的状態から完全または不完全に転位して、関節面の生理的相対関係が失われている状態をいう。と定義されています。症状は痛み・腫れ・機能障害が一般的な症状です。

 

●脱臼の時の応急処置
1.無理に戻さないないでください。
2.包帯、三角巾、ネクタイ等を利用して固定します。

 

 

ねんざは関節を繋いでいる靭帯や血管を傷つけてしまったり、切れてしまった状態のことです。
足首の捻挫は非常に起こりやすいケガで、時に内出血で皮膚が変色したり、動かすことができなくなる 場合があります。また、寝違えやギックリ腰も捻挫に含まれることがあります。

 

●ねんざについて
一般には関節周囲の骨以外の組織が傷んだ状態を言い、人体各々の関節には可動域(関節の動く範囲)がありますが、転んで手を強く突いたり足や腰などをひねった際に、 それぞれの関節が可動域を超え、じん帯、筋、腱等が異常に伸ばされたり、傷ついたりすることをいいます。内出血を伴い強く腫れ上がる場合もあり、関節使用時には痛みを伴います。

 

●ねんざは癖になるのか
きちんとした手当てをしておけば、ほとんどの捻挫は治りますが、安静が不十分であったり、手当ての仕方を間違ったりすると傷ついた関節周辺の組織が 元に回復しにくくなって、関節を守っているじん帯・筋肉・腱等が緩んでしまった状態になり、ちょとしたことで捻挫を繰り返しやすくなります。

 

●ねんざの時の応急処置
【RICE】Rest(安静) Icing(冷却) Compression(圧迫) Elevation(高挙)
1.患部を冷やし、包帯などで固定します。
2.患部は無理に動かさないようにします。
3.患部を心臓より高く挙げ安静を保ちます。

 

 

骨折の目安は患部を動かしたり、触ったりすると激しく痛み、内出血による腫れや皮膚の色の変化、 形の変化などが起こります。
*このような症状の時は早急に専門の処置が必要になります。

 

●骨折について
骨組織の連続性が完全あるいは部分的に離断された状態をいう。と定義づけされています。症状は痛み・腫れ・熱感・機能障害が一般的な症状です。

 

●骨折の時の応急処置
1.患部の安静
2.添え木をあてて固定します。(添え木は、身近にある雑誌・ダンボール・新聞紙などで可能です)

 

 

運動中などに急に筋肉にしこりができたり、痛んだりします。 筋肉の組織である血管や筋繊維が切れて起こる症状です。

 

●肉離れについて
運動中に自分の筋肉で、筋繊維、筋膜部分的に断裂することです。
原因は、自家筋力の強力な筋収縮(ちぢむこと)による筋肉の部分断裂です。直接的な外傷による打撲とは異なります。
自覚症状があまりなくても、肉離れが起こっていることもあるので、専門家(医師・柔道整復師)の診断が必要です。また、痛みがなくなった場合でも再発しやすく、最後まで十分に治療することが大事です。

 

●挫傷(肉離れ)の応急処置
1.患部を冷やします。
2.手足の場合は患部を固定します。

 

 

@整骨院トップページへ